コブの悩み解決! 吸収動作

スキー

コブと整地小回りでは、運動(動き)の要素は同じですが、運動量(大きさ)は変わってきます。

その中で一番大きな違いは山回りでのコブの「吸収」量だと思います。

吸収量が足りずコブからの反発を多く受け、バランスを崩している方を多く見かけます。

吸収が苦手な理由

整備されたゲレンデは起伏が少なく、足の長さが一定で(吸収しなくて)も問題なく滑れます。

実際には細かい起伏があり吸収動作を行っているのですが、少ないのであまり意識していないと思います。

すなわち、あまり吸収をしながら滑る経験が少ないので、慣れていないのです。

整地でもベンディング(抱え込み抜重)と言われる、雪面からの頭の高さを変えない切替を行った場合は、吸収動作がやや大きくなります。

コブでの吸収動作は、このベンディングをより深くしたものです。

2つの吸収動作

では、どのように吸収量を増やしていけばよいのでしょうか。

吸収の方法には二つあります。

一つ目は、自分からお尻を落とす方法です。

日常の生活ではこの方法でしか、吸収動作を行うことができません。

もう一つが、せりあがってくる地面に対して膝を前に出しながら足を曲げることで行う吸収です。

吸収後の姿勢は同じですが、両者には大きな違いがあります。

お尻を自分から落とすということは、重心が後ろに動くということで、スムーズは動きを妨げることになります。

一方、足を曲げると、重心の位置は変わらず、足(膝)が前にでてきます。

こちらの吸収方法であれば、スムーズな重心移動が継続できます。

吸収しやすいポジション

吸収が重要なことは分かっているけど、吸収したくてもできない、という人もいると思います。

あるいは、大きいコブを滑りたいので、吸収量を増やしたいと思っている人もいることでしょう。

そのようなかたは、切替でのポジション、足の裏のどの部分に荷重しているか思い出してみてください。

立ち上がることができる状況があるのであれば、次のことを行ってみてください。

  • つま先立ちをし、踵を浮かしたまま、しゃがむ
  • 踵に荷重し、つま先を浮かしたまま、しゃがむ

どちらがスムーズに、そして深くしゃがむことができましたか。

もちろん、踵に荷重した時ですよね。

多くの方は前に前にという思いが強く、そのことが吸収を難しくしていたのです。

最後に

吸収動作をスムーズに、そして深く行うには、踵よりに荷重を行い、膝を抱え込むようにコブを滑ることが適しています。

まずは、整地でこの滑り方の練習を行い、コブ挑戦してみてください。

きっと、滑りに変化が現れるはずです。

ブログランキングに参加しています。
アクセスしていただくと順位が上がり、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
facebookのフォローをお願いします。
スキー
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント