これからの必需品、防水グッズ グローブ編

その他

もう少しで3月になりますね。

今年は寒暖差が激しく、1月に越後湯沢のスキー場で雨が降ってびっくりしました。

雨が降った時は滑らずに温泉につかるのもいいものですが、それでも滑りたいという人のために、お勧めの防水グッズをご紹介します。

小雨

雨が降るかどうか分からない、降っても少量というときにお勧めなのがオーバーミットです。

普段使っているグローブの上に着けることで、グローブが濡れることを防ぎます。

薄いのでウェアにポケットに入れておき、必要な時に着けることができます。

また、オーバーミットをすると空気の層が一枚できるので防寒対策にもなります。

いろいろなメーカーから発売されています。

湿雪から冷たい雨

気温が0度前後、雨になったり雪になったりするときは、ポリウレタン製の防寒グローブがお勧めです。

通常のグローブは水をあまりはじかないので、雨が降ったらお手上げです。

その点、雨を全く通さないゴム製は最適です。

インナーに薄手の手袋をしている人もいます。

防水性はばっちりで、また気温が氷点下になってもある程度は問題ありません。

数社から同様な製品が発売されています。

私はテレムスを利用していますが、氷点下5℃~10℃ぐらいでの利用がいい感じでした。

TEMRES(テレムス)
DAILOVE(ダイローブ)
SPRINGRN(スプリンゲン)

暖かい雨

気温が10度を超えるような時、防寒グローブでは暑すぎるときがあります。

そんな時の秘密兵器があります。

それは、食器洗い用のゴム手袋です。

一枚100円ぐらいのもので、中に薄手の手袋をすれば快適に使えます。

意外と丈夫で、数回の使用では破れません。

最後に

例年であれば3月後半から用意するのですが、今年は寒暖の差が激しく、1月に雨が降りびくりしました。

一方、雪も良く降るので積雪は十分あります。

あまり雨は降ってほしくありませんが、少しでも楽しく滑れるように装備を充実させてたいですね。

コメント

  1. これからの時期は真冬装備だと暑いですよね。
    今年はネックウォーマーを常時着用なので、首元が暑かったです。

    私は薄手のトレッキング用?にインナー手袋着けてます。
    そしてゴアテックスのレインウェア+スキーパンツ。
    足暑いけど、上はスースーで快適です。
    手袋はゴンドラにいっぱい乗る人は縫い目と補強位置に注意!
    エッジにやられます。

    • ゴンドラに乗るときなど、板を持つときは注意が必要ですね。
      普通のグローブでも切れ目がはいることがありますね。

      これからの季節、暑いのは我慢しますが、雨だけは勘弁してほしいです。

      • 雨は嫌ですね。多かれ少なかれ絶対濡れて、ペタペタと気持ち悪い。。。

        スキーブーツのバックルをかける位置が去年と全然違う。。。一箇所はきつい方にMAX。
        それもあってかシャバ雪がブーツに乗っかっていると、なんだか冷たい。。。
        靴下ぐっしょり。
        きっと気の所為だ!きっとスキーダイエットの効果で足が小さくなっただけだな!
        オフシーズンに怠ければ足が大きくなるはず!
        買わないぞ。ブーツなんて買わないぞ。

        • ブーツは新しい方がいいですよww
          数年前に買い換えましたが、防水性が向上し靴下が濡れることがなくなりました(^^)

          私は、山用のレインコートで滑っていて、ウェアが濡れることはないのですが、ゴーグルだけはどうしようもないですね。