コブは整地で上手くなる!?

スキー

コブを滑っていると、(知人から)滑り方を聞かれたりします。

話を聞いていると、コブ用の特別な滑りがあるように考えている人が多い気がします。

#一般的なコブの滑り方の話です。私は、モーグルの滑り方は分かりません。

なぜコブ用の滑りがあると思うのか?

コブを滑ろうと思うぐらいの人なので、みなさん整地小回りは普通に滑れます。

が、コブに入ると別人のようになります。

なので、コブ用の滑り方があるように感じるのではないでしょうか。

しかし、実は整地でできてないことが多くあります。

整地は自由度が高く自分の思い通りのライン(弧)で滑れ、また、仮に多少バランスを崩してもリカバリーが容易です。

一方、コブはほぼラインが決まっていて、少しバランスを崩しただけで次のコブに入れず飛び出してしまいます。

要は、コブと同じラインを、整地で滑れていない可能性が高いのです。

整地で自由自在にターンサイズを変えることができれば、コブでも苦労することはありません。

コブの中でも、特にラインコブを不得意としている人は多いと思いますが、試しにラインコブの真横の整地を、同じリズムで滑ってみてください。

滑れない方が多いと思います。

それが、ラインコブを滑れない原因です。

コブの中で顕著になる弱点

コブは大変優秀なコーチです。

自分の欠点を的確に指摘してくれます。

私の欠点の一つは左外足時に外向傾が強くなりすぎることです。

大回りでは顕著に現れるのですが、整地小回りではほとんど指摘されることはありません。

しかし、コブだと欠点が増幅され左外足(右)ターンの時に板を上手くずらすことができず、右側に発射してしまうことがままあります。

過去のブログでも書いているように、現在、大回りから矯正中です。

この効果が既にコブの滑りでも現れ始め、より安定した滑りができるようになってきました。

これは、ほんの一例ですが、今までこうやってコブで弱点を見つけ、整地で練習することでコブの滑りにつなげてきました。

最後に

この他にも、ストックワーク、捻り動作など多くの弱点をコブに教えてもらいました。

そして、整地で練習を繰り返し、コブで確認です。

おかげで、整地小回りも上達しました。

これからだんだんと暖かくなり、コブのシーズンになってきます。

春コブを楽しむために、練習に励みましょう!

ブログランキングに参加しています。
応援をよろしくお願いします<m(__)m>
にほんブログ村 スキースノボーブログへ

facebookのフォローをお願いします。
スキー
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント