クラウンプライズ合格率と得点分布

スキー

2021年2月7日(日)石打丸山スキー場で行われた、クラウンプライズ検定を見学してきました。

全受験者の全種目を見学した感想を加えてあります。

合格率

新潟県スキー連盟主催のクラウンプライズ検定は、テクニカルプライズ検定と同時開催です。
クラウンの検定員は、ナショナルデモンストレーター2名と元ナショナルデモンストレーターの方でした。

クラウンプライズ検定
主催  :新潟県スキー連盟
会場  :石打丸山スキー場
受験者数:45名
合格者数:  3名
合格率 :6.7%

過去3回の合格率の平均が9.0%だったので、いつもより1名合格者が少なかったようです。

得点分布 合計点

平均点は、ほぼ79点オールの315.7点で、過去3回の平均点とまったく同じでした。

検定員の見る目がしっかりしている証拠ですね。

得点分布は、316点(79点 x 4)と314点が最頻値で、約半数の人は314~316点の間でした。

合格者は3人、1点足りない人も2人しかおらず、合格するのがいかに難しいか良く分かります。

最高点:322点(+2点)
平均点:315.7点
最低点:312点(-8点)

得点分布 種目別

全種目とも79点が最頻値で、種目毎の平均点もほぼ79点でした。

特徴的だと思ったことは、大回り系(フリー、大回り)の滑りよりも小回り系の滑り(小回り、不整地小回り)の方が、合格点が出やすいことです。

2点以上の加点は不整地小回りで2人だけで、滑りは明らかに他の方と違い、観戦者から声がでるほどでした。

逆に言うと、そこまで飛びぬけていないと2点の加点は難しいということだと思います。

1点加点した方は3名で、この方々でも「上手い」と誰でも分かる滑りをしていました。

80点と79点の境は難しく、私の目では明確な違いが分かりませんでした。

 フリー大回り小回り不整地小回り
84点   1
83点    
82点   1
81点 12 
80点5696
79点30292321
78点981114
77点11  
76点   2
平均点78.9点79.0点79.0点78.9点

合格者

合格者は3名でしたが、全種目80点(合格点)の方は一名だけでした。

コブで84点は凄すぎですが、何か得意種目をつくることが合格の早道のように思えます。

フリー大回り小回り不整地小回り合計
79点79点80点84点322点
80点80点80点80点320点
80点81点80点79点320点

最後に

クラウン受験者の得点をみていて気が付いたのですが、77点以下の得点は4名(8.8%)でした。

その内の2名は、コブでの失敗があったので実質2名かもしれません。

ということは、みなさん最低でも78点をとる実力があるということは、テクニカル合格者が受験したら平均78点になるのかもしれません。

ちなみに、過去3回の検定でも77点以下の種目がある人が12.4%だったので、あながち間違いではないかもしれません。

ちなみにテクニカルでは72点以下(-3点)の種目がある方が、42%いることを考えると、最低点が「合格点-2点」ではないようです。

 

クラウンプライズ 合格率と攻略のポイント
2018/19、2019/20シーズンに新潟県で行われた延べ3会場のクラウンプライズ検定の結果から、攻略のポイントを考察しました。合格率新潟県スキー連盟主催のクラウンプライズ検定は、テクニカルプライズ検定と同時開催です。全会場とも検定員は、
ランキングに参加しています。
アクセスしていただくと、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
facebookのフォローをお願いします。
スキー
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント