混沌とする総合優勝争い WCモーグル

週末にワールドカップ モーグル ディアバレー大会が終わり、シリーズも1戦を残すのみとなりました。

当初のスケジュールでは、モーグル8戦とデュアルモーグル4戦、そして世界選手権がありましたが、新型コロナウイルスの影響で、モーグル4戦とデュアルモーグル2戦に縮小されました。

男子

堀島選手の優勝で開幕したシリーズ。

9連覇中の王者、ミカエル・キングズベリー選手が怪我で前半戦を欠場したことから、実績から見ても堀島選手の総合優勝は堅いと思われていましたが、2戦目以降表彰台に上がることができず苦しい戦いを強いられています。

自力総合優勝が可能なのは、GRAHAM MattとCAVET Benjaminの2選手のみで、最終戦で1位になれば決まります。

怪我からの復帰を連勝で飾ったミカエル・キングズベリー選手。

しかし、最終戦に優勝しても300ポイントにしかならず、総合優勝の可能性は限りなく低い状況です。

最後に堀島選手の優勝の可能性を見ていきたいと思います。

最終戦で1位になった場合、GRAHAM Matt選手が4位以下、CAVET Benjamin選手が3位以下であれば優勝です。

2位になった場合は、GRAHAM Matt選手が7位以下、CAVET Benjamin選手が4位以下そしてFJALLSTROM Ludvig選手が3位以下となる必要があります。

数字的には少し厳しくなってきましたが、最終戦に優勝して来シーズンに続く終わり方をしてほしいですね。

1位 289 ポイント GRAHAM Matt
2位 271 ポイント CAVET Benjamin
3位 258 ポイント FJALLSTROM Ludvig
4位 246 ポイント 堀島 行真
5位 210 ポイント SUMMERS Brodie
6位 200 ポイント KINGSBURY Mikael

女子

ペリーヌ・ラフォン選手の総合優勝が決まりました。

今シーズンも5戦中4勝と圧倒的な強さを見せています。

現在2位は川村あんり選手で、3位との差は20ポイントです。

このまま総合2位でシーズンを終わり、来年は女王ペリーヌ・ラフォン選手と争える力を蓄えてほしいですね。

1位 445 ポイント LAFFONT Perrine
2位 270 ポイント 川村 あんり
3位 250 ポイント SOAR Hannah
4位 234 ポイント OWENS Kai
5位 233 ポイント KAUF Jaelin
6位 197 ポイント JOHNSON Tess

最後に

最終戦は、2021年3月6、7日にカザフスタンのアルマトイ(Almaty)で行われます。

日本選手の最後の踏ん張りを期待しましょう。

 

2020/2021 モーグル ワールドカップ、世界選手権
いよいよシーズンがフィンランド ルカで開幕しました。そして、堀島選手が見事開幕戦で優勝です!!一方で、9連覇中の王者、ミカエル・キングズベリー(KINGSBURY Mikael)選手が練習中に怪我をしてしまい、少なくともシーズン前半の出場は

ブログランキングに参加しています。
応援をよろしくお願いします<m(__)m>
にほんブログ村 スキースノボーブログへ

facebookのフォローをお願いします。
スキー
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント