COVID-19に翻弄されるモーグル ワールドカップ、世界選手権

スキー

開催を模索していたモーグル世界選手権のキャンセルが正式に決まり、今シーズンのスケジュールの変更が決まったようです。

世界選手権

当初は2021年2月17-28日に、中国 ザンジアコウ(張家口:Zhangjiakou)で開催予定でしたが、中国政府の入国制限(14日間の隔離期間)によりワールドカップのスケジュールに影響を及ぼすため中止となりました。
代替えの開催地は、一旦はカルガリーとなっていましたが、こちらも中止となり、今シーズンの世界選手権は行わないことが決定しました。

来年は北京オリンピックがあることから、2年に1度の世界選手権は1回飛ばすことになると思われます。

ワールドカップ

当初は7会場で、モーグル7戦、デュアルモーグル3戦が予定されていましたが、3会場が中止となり、モーグル4戦、デュアルモーグル2戦の6戦で争うことになりました。

12月の連戦はスムーズに行われただけに、その後の中止は残念です。

  • 2020年12月5日 ルカ(Ruka)、フィンランド
  • 2020年12月12、13日 イードレッヒャール(Idre Fjall)、スウェーデン
  • 2021年2月4-6日 ディアバレー(Deer Valley)、アメリカ
  • (中止)2021年2月19-21日 カルガリー(Calgary)、カナダ
  • (中止)2021年2月13、14日 田沢湖、日本
  • 2021年3月6、7日 アルマトイ(Almaty)、カザフスタン
  • (中止)2021年3月13、14日 クラスノヤルスク(Krasnoyarsk)、ロシア

現在の順位

2会場3戦が終了し、残りも同じく2会場3戦となりました。

ちょうど折り返し地点になりますが、堀島選手が首位と同ポイントの2位につけています。

彼の実力からしたら残り3戦全勝しても不思議ではなく、総合優勝に一番近いポジションにいることは間違いありません。

順位男子国籍ポイント
1位FJALLSTROM Ludvigスウェーデン172
2位堀島 行真日本172
3位GRAHAM Mattオーストラリア149
4位TADE Marcoスイス147
5位SUMMERS Brodieオーストラリア146
6位CAVET Benjaminフランス131
  • 26位 杉本 幸祐
  • 27位 小山 貴史
  • 34位 松田 颯

 

女子は女王LAFFONT Perrineが3戦全勝と圧倒的な強さを見せています。

川村選手も2戦目で2位になるなど健闘しており、早く初優勝を見たいですね。

順位女子国籍ポイント
1位LAFFONT Perrineフランス300
2位KAUF Jaelinアメリカ205
3位川村 あんり日本172
4位SOAR Hannahアメリカ141
5位DUFOUR-LAPOINTE Justineカナダ110
6位SMIRNOVA Anastasiiaロシア108
  • 8位   冨髙 日向子
  • 10位 住吉 輝紗良
  • 15位 星野 純子
  • 16位 伊原 遥香
  • 17位 柳本 理乃

最後に

朗報です。

練習中に怪我をして出場をとりやめていた、ミカエル・キングズベリー(KINGSBURY Mikael)選手が次戦からワールドカップに戻ってきそうです。

試合数を考えると、今シーズンの総合優勝は難しくなりましたが、復活の優勝に期待です。

#でも、堀島選手に勝ってほしい(笑)

https://twitter.com/MikaelKingsbury/status/1351301977569976320

 

 

2020/2021 モーグル ワールドカップ、世界選手権
いよいよシーズンがフィンランド ルカで開幕しました。そして、堀島選手が見事開幕戦で優勝です!!一方で、9連覇中の王者、ミカエル・キングズベリー(KINGSBURY Mikael)選手が練習中に怪我をしてしまい、少なくともシーズン前半の出場は
ブログランキングに参加しています。
アクセスしていただくと順位が上がり、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
facebookのフォローをお願いします。
スキー
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント