意味の分かりづらいスキー用語

スキー

レッスンなどで使われるスキー用語の中には独特の言葉が数多く存在します。
加えて、物理法則から考えると ??? という表現もあります。
それらの言葉の真の意味を探っていきたいと思います。

ストックを突く

使われる場面:切替
正しい表現 :ストックを振りおろす

言葉通りにとらえると、上から下に向かってストックを突きさすことになります。
しかし、コブに限らずストックを雪面に突き刺すことは、特別な状況を除いてまずありません。
ストックは手首のスナップで前に振り上げ、自然に落ちてくるスピードと自分が前に進むスピードが組み合わさり、上から下に突いているように見えるだけです。
ストックを突いてしまうと、腕が後ろに引けて後傾になってしまいます。

滑りをスムーズにするストックワーク はこちら

膝を傾ける

使われる場面:小回り、コブ
正確な表現 :太腿を内旋(外旋)する

膝支点、腰(股関節)支点、脇腹支点のターンなどと表現されることがあります。
腰(股関節)と、脇腹は実際に横方向に曲げることが可能ですが、膝は曲げることができません。
膝の可動域は前後のみです。
では、なぜ膝から横に曲がっているように見えるのでしょうか。
それは、膝を曲げた状態で、太腿を内旋(外旋)しているからです。
ウェアの上からはこの太腿の動きは見えないので、膝から傾けているように見えます。

補足)膝は絶対に傾けたり捻ったりしないでください。怪我の原因になります。

板の撓みを繋げる

使われる場面:山回りから谷回りにかけて
正確な表現 :?

前のターンの撓みを次のターンに繋げると表現されますが、残念ながらそのようなことは不可能です。
切替の時に板の撓みはなくなります。
指導者としては、そのような気持ちで滑れと言いたいのではないでしょうか。

加速するカービング

使われる場面:山回り
正確な表現 :?

残念ながら、カービングを行って加速することはありません。
最も加速する方法は直滑降であり、カービングがきついほど減速します。
ただし、カービングを行うとフォールライン方向への移動スピードを効率的に横方向への移動スピードに変えられます。
下から見ていいる人からは、加速しているようにみえるので、このような呼び方になったのではないでしょうか。

最後に

分かりずらい表現があれば教えてください。

コラムの方に、少しずつ加えていっています。

もう少し読みたい方はコラムへどうぞ。

 

【コラム】意味の分かりづらいスキー用語 はこちら

ブログランキングに参加しています。
応援をよろしくお願いします<m(__)m>
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
facebookのフォローをお願いします。
スキー
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント

  1. スキー用語は変な英語や和製英語が無いので良い様な悪い様な。
    左ターンで右外足がぁとか言われると、右と左と外と内が頭の中で訳分からなくなります。。。
    腰高?外脚を長くじゃダメなの?
    所長さんのおっしゃる通り、ただでさえあまのじゃくなんだから。。。

    スキーは日本語で頑張ってますが、世の中はある程度見習ってもらって、少なくとも和製英語を禁止して頂きたい!

    • 始めたばかりの人には、ハードルが高いですよね。
      もっと直感的に分かる言葉になればいいですね。