まだ間に合う、オフトレで華麗なストックワークを手に入れよう!

スキー

先日、小回りのオフトレについて書きましたが、私の中で大きな成果がオフトレがもうひとつあり、それがストックワークです。
タイトルでは「華麗なストックワーク」としていますが、私の思う華麗さとは目立たないことです。
ビデオで自分の滑りをみて、腕の動きが目に留まらなければOKです。
それだけ、スムーズに、そして華麗にストックワークをしているということです。

一方、ストックや腕の動きが特徴的な人の滑りはどうでしょうか。
必ずしもダメなわけではありませんが、左右の動きが違ったり、動きが大きすぎたりと、傍から見て違和感を覚えることはもちろん、滑りに影響が出ている人もいます。

ストックの握り方、突き方

小回り、コブでのストックの握り方と突き方の話を、最初にしたいと思います。
正しい方法というわけではなく、私の行っているストックワークを説明しないと、この後の話がかみ合わないかもしれないからです。
まず、握り方ですが、親指と人差し指の2本で軽く握ります。
ほとんど力を入れていません。
次に、突き方ですが、実はストックを突いていません。
何が言いたいかと言うこと、ストックを上から下に突くのではなく、手首のスナップを使い、ストックのリングを前に振り上げ戻ってきた時に突いたように見えるだけなのです。
(詳しくは、このブログの最後にリンクを貼ってあるので、そちらをご覧ください。)
ストックを突いているように見えますが、実際には雪面に触れている感覚が少しあるだけです。
そして、肩、肘、そして手首の位置をほとんど動かしません。
コブの中でも、肩、肘、手首の位置関係は常に同じです。
ストックだけが動いているように見えます。

人によっては、前腕(肘から先)の回内・回外でストックワークを行う人もいます。
この場合も、肩、肘、手首の位置関係は変わりません。

回内・回外:手の甲を上に向けたり、下に向けたりする動作

腕の動きが大きい弊害

腕の動きが大きいと、なんらかの弊害が起こります。
ストックを突く時に、肩・肘・手首の位置関係が崩れると、反対の手でストックを突いている間に元の位置まで戻す必要があります。
これは、無駄な動きが増えることになります。
また、一番多いパターンとして、肘と手首が下がることが挙げられます。
肘が下がると、どうしてもつられてお尻も下がってしまいます。
これは、コブで後傾になる一因です。
また、後傾にならないように、腕を前に伸ばしてストックを突く人もいます。
リカバリー動作として行うのであれば問題ないのですが、常に行うということは切替後重心が後ろに下がりすぎることを意味し、そのことはストックワークではなく、股関節の前傾などで修正すべき課題です。

昔の雑誌には、コブを滑る時、長めのストックを使い、コブの上にストックをしっかりついて手首が肩より上にある写真がありました。
写真写りとしては大変かっこいいのですが、実際にそのストックワークでコブを滑るのは、大変なことだと思います。

練習

私はストックワークに多くの課題があり、コブでストックを突いた後に、上体が遅れることが多々ありました。
ある時、ふと思い立ち、部屋で練習できるように短いストックを買いました。
練習中、腕が下がるとストックが床に当たるので直ぐに分かります。
また、肩から下は静止しているので、ストックワークだけに集中でき肘・手首の動きが良く分かります。
運動神経の優れている方ではない私は、ある程度納得が行くストックワークができるようになるまで、2,3回夏を迎えたと思います。
その甲斐あって、ストックワークを指摘されることは無くなり、コブでノーストックでも滑ることが出来るようになりました。
(もちろん、ストックがある方が滑りやすいですよ)

最後に

オフトレで、ストックワークの練習をするときは薄手の手袋をお勧めします。
スキーグローブだと手に汗をかき、素手で行うとストラップとの摩擦で手の皮がむけてしまいます。
私が軟弱者なだけかもしれませんが(笑)

 

滑りをスムーズにするストックワーク はこちら

ランキングに参加しています(^^)
にほんブログ村
にほんブログ村 スキースノボーブログへ     

スキー
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント