オフトレで、華麗なストックワークを手に入れよう!

スキー

先日、オフトレについて書きましたが、私の中で大きな成果があったことの一つがストックワークです。

タイトルでは「華麗なストックワーク」としていますが、私の思う華麗さとは目立たないことです。

自分の滑りをみて、腕の動きが目に留まらなければOKです。

それだけ、スムーズに、そして華麗にストック操作しているということです。

一方、ストックや腕の動きが特徴的な人の滑りはどうでしょうか。

必ずしもダメなわけではありませんが、左右の動きが違ったり、動きが大きすぎたりと、滑りに影響が出ている人が多い気がします。

ストックの握り方、突き方

小回り、コブでのストックの握り方と突き方の話を、最初にしたいと思います。

正しい方法というわけではなく、私の行っているストックワークを説明しないと、この後の話がかみ合わないかもしれないからです。

まず、握り方ですが、親指と人差し指の2本で軽く握ります。

ほとんど力を入れていません。

次に、突き方ですが、実はストックを突いていません。

何が言いたいかと言うこと、ストックを上から下に突くのではなく、手首のスナップを使い、ストックのリングを前に振り上げ戻ってきた時に突いたように見えるだけなのです。

(詳しくは、このブログの最後にリンクを貼ってあるので、そちらをご覧ください。)

ストックを突いているように見えますが、実際には雪面に触れている感覚が少しあるだけです。

そして、肩、肘、そして手首の位置をほとんど動かしません。

コブの中でも、肩、肘、手首の位置関係は常に同じです。

ストックだけが動いているように見えます。

後傾にならないように腕を伸ばして前に突く人がいますが、前に出すということは、どこかで必ず後ろに下げています。

その時に上体が遅れ、後傾になる確率が高くなります。

練習

私はストックワークに多くの課題を抱えていました。

ストックを突くときに腕が動き、上体に影響を与えることでした。

結果として、コブではストックを突いた後に、上体が遅れることが多々ありました。

ある時、ふと思い立ち、練習を始め、ある程度納得が行くストックワークができるようになるまで、2,3回夏を迎えたと思います。

部屋で練習できるように短いストックを買いました。

腕が下がるとストックが床に当たり直ぐに分かります。

また、ストックワークだけに集中できるので腕の動きが良く分かります。

最後に

ストックワークの練習をするときは薄手の手袋をお勧めします。

素手で行うと、摩擦で手の皮がむけるんですよね。

私が軟弱者なだけかもしれませんが(笑)

 

滑りをスムーズにするストックワーク はこちら

ランキングに参加しています。
アクセスしていただくと、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
スキー
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント

  1. やっぱり上手な方は構えとか、雪面へのストックの置き方がステキ!
    これは見た目から入って正解なんじゃないすかねぇ。
    見掛け倒しなんて無いと思っております。

    そして、こうしなきゃと思っていても、滑る事に気を取られていつもと同じに戻っちゃうのがストックワーク。
    オフトレで身体に染み込ませるしか無いのかも。

    春に内側がメッシュになっている手袋をしていた時、擦れてすごく痛かったです。
    刑事ドラマで刑事さんが着けるあんなのでも良いから有ると便利ですね。
    あれ、冬もインナー手袋に良いです。

    • 滑る時はストックの紐が擦れますよね。
      コブだと、ストックを突いたときにくらうこともあるし、ちゃんとした手袋が必要ですよね。

タイトルとURLをコピーしました