どのWebサイトをみていますか? スキー場の天気予報

その他

いよいよ本格的なウインターシーズンの到来!

となると、ゲレンデの天気が気になりますよね。

晴れているゲレンデに行きたい、新雪がバンバン降っているところがいい、あるいは風が穏やかなところがいい、などなど人それぞれの思いがあると思います。

そんなとき、天気予報を見ると思うのですが、どの天気予報をみていますか。

ゲレンデ専用の天気予報

一般的な天気予報は少し範囲の広い地域の天気の予報をしています。

また、人の多く住んでいる都市部の天気を予想するのが普通です。

しかし、都市部の天気とスキー場の天気は違いますよね。

このような問題を解消するために、スキー場ごとのピンポイント予報というものがあります。

主だったものに、次のWebサイトがあります。

  • tenki.jp スキー場天気・積雪情報
  • スキー場 – goo天気
  • ウェザーニュース スキー&スノボCh.
  • Mapion天気予報 全国のスポット天気 スキー場・ゲレンデ
  • SURF&SNOW
  • Snow-Forecast.com

天気予報を行っている人は誰?

ここで少し覚えておいてほしいことがあります。

天気予報は誰でもができるというものではありません。

当てるのが難しいという意味ではなく、天気予報を行うためには、気象庁長官から「予報業務の許可事業者」の許可を得る必要があります。

そう、一般の人が自分の天気予報を公開すると罰せられるんですよ。

天気予報

誰しも、よくあたる天気予報を見たいですよね。

中には、二つの天気予報を見比べている人もいますね。

そこで、重要になってくるのが先に挙げた「予報業務の許可事業者」で、天気予報を掲載しているからと言ってWebサイトが独自の天気予報を行っているとは限りません。

天気予報を買っているWebサイトはサイトのどこかに購入元を記載しています。

したがって、ふたつのサイトを見ていても、同じ天気予報ということが起こります。

また、これは個人的な感想ですが、スキー場の天気といって、市町村単位の広範囲な天気を載せているところもあるように感じます。

スキー場の標高を考えているかどうかで、雪と雨の違いが出てくるので分かります。

お勧めの天気予報

私は二つの天気予報を見ていますが、一番信頼を置いているのは「Snow-Forecast.com」です。

スキー場の標高が載っていて、フリージングレベル(雪が降る温度)がグラフになっています。

また、降雪量、降雨量なども分かり、無償版でも1週間の予報と、次の日まで1時間毎の予報がみれます。

このフリージングレベルが結構役に立ち、雪に変わるまで待機するとか、雨になりそうだから早めに帰ろうなどと考えることができます。

年々進化していて、(たぶん)昨年日本語化が始まり、今年はスキー場のライブカメラの映像も見れるようになりました。

最後に

先ほどご紹介したスキー場の天気予報サイトへのリンクと、どこのデータを利用しているかなどをまとめています。

よろしければ、ご覧ください。

 

よく当たる? スキー場の天気予報 はこちら

コメント

  1. 限定的で番外な扱いかもしれませんが、私の名前の県ではここが一番当たります。
    新潟県の雪情報
    http://www.chiiki.pref.niigata.jp/yuki/
    お越しになる方は参考に!

    同じく場所毎の天気予報ではないのですが。
    https://supercweather.com/
    気象庁のスーパーコンピュータ予測モデルです。

    スマホ用のアプリにもなってるW I n d yってのもあるんですが、アメリカとヨーロッパのコンピュータデータなんで、近い日の精度が微妙。。。

    スノーヤーにとって雨か雪か、風が強いか弱いかは死活問題ですよね。

    • 両方とも見てますよ(^^)
      新潟県の雪情報は、地元の人に教えてもらって、以前は一番よく見ていたサイトです。
      ただ観測地点が街中なので、山とは少し違うんですよね。

      • そうなんですよ!ほんと市街地と山じゃ全然天気が違って。
        きっと皆さん悔しくて色々気象情報の入手先を考えてるんでしょうね。

        私クルマ移動なので、道路のライブカメラも重宝してます。

        所長さんがウロウロされている場所は風が大問題ですよね。
        市街地は山の影で風が無い予報な時もあるし。

        • 風は気になります。
          ご存じのように、私のホームゲレンデはすぐに営業中止になってしまいます(>_<)