コブの悩み解決! 先落とし

スキー

コブでは先落としが重要と良く言われますが、みなさんは先落としの感覚がありますか?

先落としの準備

先落としとは、板のセンターより前がコブから出たところから、トップが下がっていく動きです。

この動きをするためには、大事な準備動作があります。

それは、コブを吸収した後に(伸びあがらずに)低い姿勢を維持して、コブの出口に向かうことです。

先落としができるか否かは、この準備動作が全てと言っても過言ではありません。

逆にこの部分で足が伸びてしまうと、どんなに頑張っても先落としはできません。

ここで我慢できずに、伸びあがる人を大変多く見かけます。

先落としの感覚

実は私、調子が良い時は、先落としの感覚は全くありません。

重心がスムーズに落下し板を追い越して谷回りが始まるので板のトップは自然と落ちます。

こんな時は、ラインどりだけを気にして滑っています。

一方、体が遅れた時は意識的に先落としを行います。

感覚なのでみなさんと同じとは限りませんが、私は板がコブの出口で止まっているように感じます。

もう少し詳しく言うと、板がコブから出た後、板のテールをお尻につけるように引き付けるのですが、その時にコブの出口で体が止まり、板を後ろに引きながらがトップが下がっていくような感覚になります。

机の角に掌を当て、手を引きながら指先を下げるようなイメージです。

 

いずれにしても、次の図のようにコブの落ち込みぎりぎりまで伸びあがるのを我慢することが必要です。

板にブーツはビンディングで止められています。

足が伸びた状態では、体が斜面に対し真横になるまで先落としはできません。

低い姿勢であれば、腰を前に出し、踵をお尻に近づける動きで先落としができます。

最後に

私は、正しいポジションで滑った結果として先落としが起こると考えています。

まずは、コブの出口まで低い姿勢を維持することに挑戦してみてはいかがでしょうか。

ランキングに参加しています。
アクセスしていただくと、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
facebookのフォローをお願いします。
スキー
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント

  1. ガーラ7日まで休止になっちゃいましたね。。。涙

    一旦営業を休止して、その後の対応をいつ決定するのか、すぐにアナウンスするところは素晴らしい対応と思いました。

    所長さんの様に自家用車を移動手段としない方が気軽に利用できるところですので頑張って頂きたいです。

    • どうしていいやら。途方に暮れております。

      • テレビの地方ニュースで、テロップが「キャバクラ スキー場で感染拡大」って出ててムカっと来ました。
        一緒にするんじゃねぇ!

        この先のシーズンの為に身体を休めてください。休憩です!
        前向きに行きましょう!

        • それはひどい。スキー場では感染拡大はしないです。ただ、寮だとどうしようもありません。

          どうするか、ゆっくり考えます。