コブでの先落とし、に大事なことは?

スキー

コブでは先落としが重要と良く言われます。

先落としが出来ると板と雪面の接地時間が長くなり、コントロールが行いやすくなります。

では、どのように先落としを行うのでしょうか。

コブの出口

先落としとは、板のトップ(ビンディングより前)がコブから出たところから、トップが下がっていく動きです。

この動きをするために、ひとつ大事なことがあります。

それは、コブを吸収した後に(伸びあがらずに)低い姿勢を維持して、コブの出口に向かうことです。

先落としができるか否かは、この低い姿勢が全てと言っても過言ではありません。

逆にこの部分で足が伸びてしまうと、どんなに頑張っても先落としはできません。

まずは、切替からコブの出口まで、低い姿勢を維持することを練習してください。

先落とし

先落としの動作は、下の図のように崖から飛び降りる動作に似ています。

1)崖の上で小さくなり重心を下げなます。

2)重心が徐々に前に動いていきますが、伸び上がらずに我慢します。
  そして、耐えきれなくなったところで小さくジャンプします。

3)足を伸ばした状態で着地し、そして足を曲げることで衝撃を吸収します。

この一連の動きが、コブでの先落としの動きとそっくりです。

2)の位置まで足を伸ばすことを我慢することが、そのまま板の先落としとなります。

リカバリーとしての先落とし

この先落とし、板が前に進みすぎ後傾になった時に、リカバリー動作としても利用できます。

板のトップがコブから出た時、ヒールピース(ビンディングの後ろ半分)をお尻に近づけます。

そうすると板のトップが下がり、重心が前に移動します。

感覚なのでみなさんと同じとは限りませんが、この動作を行うと、私は板がコブの出口で止まっているように感じます。

机の角に掌を当て、手を引きながら指先を下げるようなイメージです。

洗練された先落とし

あたかもコブ独特の技術のように語られる先落としですが、整地小回りでも同じ運動が行われています。

ただ、板の下に雪面があるのでトップが下がることはなく、トップに圧をかける(撓ます)運動になります。

この運動を行うためには、左右への重心移動がしっかり行われ、谷回りで重心が板よりも谷側に移動する必要があります。

コブの切替で、重心を谷側に移動することは大変難しいことですが、この重心移動ができると板がコブの裏に張り付くようになり、先落としの意識は薄くなります。

最後に

コブを滑るうえでスピードコントロールは重要な課題で、先落としができるとよりスムーズにコブが滑れるようになります。

行うことはただ一つ、コブの出口まで伸び上がることを我慢することです。

挑戦してみてください。

 

コブの滑り方のまとめ はこちら
コブの練習方法のまとめ はこちら

ランキングに参加しています(^^)
にほんブログ村
にほんブログ村 スキースノボーブログへ     

スキー
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント