ピボットターンができれば、コブはスイスイ!?

スキー

スキー場もどんどんオープンしてきましたね(^-^)

コブを滑る映像もアップされていて、ワクワクしてきます。

さて、今日はコブを滑る時に私が一番大事にしている、ピボットターンについてお話します。

板が回りすぎて困る!?

板って、クルクル回りすぎて困るんですよ。

あっ、個人の感想です。

でも、本当ですよ。

切替でピボットができるポジションに乗れると、板がくるっと回るんです。

私が履いている板は、モーグル用ではなく、普通のカービング用、それも小回り用の板です。

なぜ、コブでピボットターンが重要か

コブは、ある意味制限滑走のコースです。

自分が気持ちいいターン弧ではなく、あるがままのラインを滑る必要があります。

そのとき、誰よりも細かくターンができれば、どんなコブでも問題なく滑ることができます。

その細かくターンをする(こともできる)技術がピボットターンなんです。

なぜ、ピボットターンが難しいか

原因は、ピボットができるポジションに荷重できていないからなのです。

私が見る限りほとんどの方は前傾過多です。

整地の滑りがうまい人ほどその傾向は強く、その荷重ポイントを伝えても、ほぼすべての人が後傾だといいます。

実は、整地小回りもピボットができるポジションに荷重できると、一味違った滑りになります。(たぶんww)

最後に

以前にも書きましたが、数年間、リフト終了間近の1、2時間はピボットターンの練習ばかりしていた時期があります。

この練習のおかげで、滑れないコブはなくなりました。

#滑りたくないコブはありますが(笑)

今までの滑りを変えることは勇気が必要ですが、悩んでいるのであれば挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

ピボットターン はこちら

ランキングに参加しています。
アクセスしていただくと、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
facebookのフォローをお願いします。
スキー
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント