ゲレンデ整備の必需品、ピステンブーリー(PistenBully)

その他

ゲレンデを気持ちよく滑るために大活躍するピステンブーリー(PistenBully)の格好いい動画を見つけました。

まずは、圧巻のフォーメーションをご覧ください。

スノーキャット(SnowCat)

多くの人がピステンと呼んでいますが、正式名称はピステンブーリーでドイツ企業の商品名称です。

一般名称は、SnowCat(スノーキャット)で、Snow + Caterpillar(キャタピラー)からきた造語だそうです。

#キャタピラーも商品名称なんですが、、、

他には、スノーグルーマー(snow groomer)、ピステマシン(piste machine)、トレイルグルーマー(trail groomer)、ピステバッシャー(piste basher)と呼ぶらしいのですがピンときませんね。

ピステンブーリー

ピステンブーリーは ドイツ Kässbohrer Geländefahrzeug 社が製造しているスノーキャットで、同社によると世界シェア60%あるそうです。

日本では、リフトでお馴染みの日本ケーブル(株)の子会社のスノーシステムズ(株)が輸入販売を行っています。

大きさにより何種類かの機種がありますが、1台の価格はうん千万円だそうです。

ピステンブーリーの他には、イタリアの Prinoth、アメリカのTucker、大原鉄工所などがあります。

南極でも大活躍

このピステンブーリー、南極の昭和基地でも大活躍をしています。

youtubeチャンネル「南極おじさん」で南極越冬隊のピステン運転手の方が、南極の日常を配信されていましたが、残念ながらチャンネルを閉じられたよです。

すぐに交換部品が届かない状況では故障しないことが最優先され、不具合の取り除かれた一般販売が終了した機種を、新車で作ってもらい南極に持っていくそうです。

同じく南極越冬隊の方のチャンネルに勇姿がありましたので、ご覧ください。

最後に

私は深夜、あるいは早朝の山(ゲレンデ)に無数の光(ピステン)が動き回る光景が大好きです。

大きなスキー場だと何十台もの光が動き回ります。

運転手の方は大変かと思いますが、朝一のゲレンデを楽しみにしていますので、よろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました