スキー 捻りの練習をしたことはありますか?

スキー

捻りとは主に小回りやコブで使われ、山回りの時、板の進行方向が横になっても、上半身がフォールラインを向き続ける動きです。

スキー用語の「捻り」のことを英語では「セパレーション(Separation:分離)」といいます。

上半身と下半身を分離するという意味で使われ、下半身(板)がどう動いても、上半身にその動きを伝えないということです。

補足)主に大回りで行われるわき腹からの捻りは、ここでは触れません。

カービングスキーの出現による小回りの変化

カービングスキーの出現前、小回りをウェーデルンと呼んでいたときには捻りは必須事項で、上体が左右に動くことは良くないこととされていました。

カービングスキーでは、小回りでも回転弧をつくれるようになり、大回りを小さくした滑りとなってきました。

そのことに伴い、大回りの要素が小回りにも入ってきて、捻りが少なくなり上半身が板に正対する場合もでてきました。

捻りの必要性

しかし、捻りが不要になったわけではなりません。

切替は板が体の下を右から左(左から右)に通り過ぎることによっておきます。

この現象は上体の向きと板の向きが捻じれている、すなわち捻りがある状態でしか生まれません。

回転弧の大きい大回りでは、少しの捻りがあれば切替が可能ですが、回転弧の小さいパラレル小回り、より回転弧の小さいコブでは必要な捻りの量が大きくなります。

小回り、コブが不得意な方の中には、この捻りが動作ができていない場合が大変多いように思います。

補足)コブでもモーグルのように直線的な滑りをする場合は、捻りの量は少ないです。

なぜ捻りが難しいか

捻り動作が難しい理由は明白で、それは日常の生活に同じ動きがないからです。

したがって、物心ついた時からスキーをしていて自然にできるようになった人か、意図的に練習した人しかこの動きはできません。

某元デモがある県連のオフトレで、数百人の指導員の方に捻りの動作を行っていただいたそうですが、できたひとはほとんどいなかったそうです。

そのぐらい、自然にできる人はまずいないということです。

最後に

特にコブの滑りにおいて、ローテーションは致命傷になります。

前後のバランス、上下のバランスについで、捻りの練習を行うことをお勧めします。

練習としては地味で面白みに欠けますが、急がば回れという諺の通り、私は上達の最短コースだと思っています。

 

陸上でもできる練習方法をご紹介しています。

簡単そうですが、初見で出来る人はほとんどいません。

捻りの練習 はこちら

ブログランキングに参加しています。
応援をよろしくお願いします<m(__)m>
にほんブログ村 スキースノボーブログへ

facebookのフォローをお願いします。
スキー
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント