今シーズンも白馬で開催! Freeride World Tour

スキー

今シーズンも、Freeride World Tourが白馬に帰ってきました。

スキーおよびスノーボードの各男女、4カテゴリーで争われる、世界で最もやばいスキーヤー、スノーボーダーを決める大会です。

言葉では表すことができないので、初めての方は今年のプロモーションビデオをご覧ください。

Freeride World Tour

この大会、2008年のアメリカ、ロシア、フランス、スイス大会から始まり、最近は北半球の5会場をまわるシリーズとなっています。

2018年に白馬で日本初の大会が開催され、今シーズンで3回目になります。

過去の優勝者には、モーグルの堀島選手もあこがれるキャンディッド・トベックス(Candide Thovex)選手もいます。

今シーズンは29人のライダー(スキー男性13名、女性6名、スノーボード男性6名、女性4名)がツアーへの出場権を得ました。

日本からはただ一人、佐々木悠選手がスキー部門に出場します。

2021 Freeride World Tour Hakuba Japan

2021年1月22日(金)夕方、オープニングセレモニーが行われ、本番は23日(土)~30日(土)のうち1日、気象条件の良い日を選んで行われます。

前回大会と同じ場所であれば、八方尾根スキー場の最上部、グラートクワッドの一つ南の尾根の東向きの斜面で行われます。

楽しみですね。

Freeride World Tour(英語)

HP facebook twitter 

Freeride World Tour Japan(日本語)

日本で行われる、イベントの情報はこちらをご覧ください。

HP facebook twitter 

コメント