憧れの的、長野県共通リフトシーズン券 当選者発表

スキー場 国内

本州のスノーヤーの憧れの的、長野県共通リフトシーズン券の当選者に、簡易書留が届いているようです。

twitter では、現時点で9名のフォロワーの方が喜びをツイートされています。

おめでとうございます。

共通シーズン券の発行者

この共通シーズン券を発行している NAGANO SNOWLOVE.NET実行委員会は、一般社団法人 長野県観光機構などが運営しています。

同法人は、長野県庁内に事務所を構え、長野県内のスキー場のプロモーションを行っています。

なので、大人200枚の数量限定とはいえ、県内ほぼ全てのスキー場を利用できる共通シーズン券を3万円という破格の値段で販売できるのです。

気になるスキー場

共通リフトシーズン券が利用できるスキー場の一覧が乗っていたのですが、その中で気になるところがあったので、ご紹介したいと思います。

2021 長野県共通リフトシーズン券利用可能スキー場一覧(予定) はこちら

REWILD NINJA SNOW HIGHLAND

いきなりなんだ、とほとんどの人は思いますよね。

このスキー場の名前を知っている人は、よほどのスキー場フリークか、私のブログをよく読んでくださっている方だと思います。

まだ、HPもできていない、できたてほやほやのスキー場です。

というのは、半分正しく、半分間違いなのですが、峰の原スキー場と言えばご存じの方もおられるのではないでしょうか。

一昨年、ある会社が同スキー場を購入したのですが、運悪く秋の豪雨で場内で土砂崩れがあり、昨シーズンの営業ができませんでした。

その影響だと思いますが、その会社は倒産してしまいました。

その後の経緯は不明なのですが、今シーズンから営業を再開できることになったようです。

どのようなスキー場になるか楽しみです。

それにしても、攻めた名前です。

木戸池スキー場

志賀高原はスキー場の集まりで、現在の名称は「志賀高原 18 SKI AREA」です。

すなわち、18か所のスキー場があるのですが、リストの中に19か所目の木戸池スキー場の名前がありました。

木戸池スキー場は木戸池温泉ホテルの目の前の小山に1本のリフトがかかる、こじんまりとしたスキー場でしたが、昨年まで営業を中止していました。

リフトは、ホテル前から山頂に昇り、そこの中間駅で降りることもできますが、そのまま乗り続けて、反対側の山麓まで行くこともできました。

1本のリフトを山の両端から乗れるユニークなつくりでした。

木戸温泉ホテルのHPなどには、まだスキー場再開の記載はないようです。

ちなみに、かつて志賀高原には、笠岳スキー場、前山スキー場などもありました。

牧の入高原スノーパーク

志賀高原の入口、高社山の山麓、木島平スキー場に隣接するスキー場です。

このスキー場、なぜか一覧に入っていません。

夏のみの営業の千畳敷スキー場が入っていないのは分かるのですが、牧の入高原にどんな理由があったのか気になります。

 

ぱっと見では分かりませんでしたが、他にも一覧に入っていないスキー場があれば教えてください。

最後に

ところで、人の話はしてるけで、あなたの当選結果はどうだったの?

えへへ、実は、

例年通りでした。

と、いうか、今まで申し込んだことがないのです。

ホームゲレンデが越後湯沢なので、長野のリフト券は、長野のスキー場を多く利用される方に当たってほしいと思っています。

 

今からでも購入できる、長野県の共通リフト券はたくさんありまよ。

2020/2021 誰でも買える スキー場 共通シーズン券 はこちら

コメント