今の時代に、完全手作業! ゴンドラ・リフトのケーブルの作り方 ロングスプライス

スキー場 国内

ロープウェイ、ゴンドラやリフトの搬器がぶら下がっているケーブルを、どうやって作っているのか不思議になったことはありませんか?

ケーブルは輪になっていて、継ぎ目は見当たりません。

このケーブルの両端を繋げて輪にする技術をロングスプライスといって、どんな太いケーブルでも繋ぎ合わせる作業は人手で行っています。

まずは、作業風景をご覧ください。

ゴンドラやリフトを架けるために、こんな作業が行われているんですね。

大昔にテレビのニュースか番組で取り上げられ、数十人の職人が力を合わせてロングスプライスを行っているのをみて感動したことを覚えています。

技術の発展した現在でも、ほぼ手作業でしか行うことができないスプライス、魅入ってしまいます。

海外のスキー場では、リフトを新設する時によく紹介されているのですが、日本ではほとんど取り上げられません。

一度見れば、興味が湧くと思うのですが。(私だけかww)

Cables & Chairs
Swift Current 6 Construction Updates - Cables & Chairs

スプライス

ロープやワイヤーの端を一旦ほどいて結ぶことをスプライスといい、何種類かあります。

  • アイ スプライス  :先端に輪っか(アイ)を作ることです。
  • ショート スプライス:先端同士を結び、全体を輪にします。両端の重なりが短く(ショート)強度も維持できますが、元の太さに比べて太くなります。
  • ロング スプライス :先端同士を結び、全体を輪にします。両端の重なりが長く(ロング)強度はやや落ちますが、元とほぼ同じ太さにできます。

ケーブルで利用するためには同じ太さにする必要があるので、ロングスプライスが用いられます。

作業によりケーブルの強度に差が出るので、高度な熟練の技が必要とされるそうです。

国家検定のロープ加工技能士の実技試験にもスプライスは含まれています。

最後に

ゴンドラのケーブルのような大きな荷重のかかるロングスプライスを行える職人は多くはいないそうです。

今シーズン、次のゴンドラやリフトのケーブルが新しくなりました。

ニセコHANAZONOリゾート
 ・HANAZONOシンフォニーゴンドラ(POMA製)、新設
 ・HANAZONO第1リフト、架け替え

釜伏山スキー場
 ・ 第一リフト、建て替え

蔵王温泉スキー場
 ・蔵王温泉第1ペア、架け替え

ニセコHANAZONOはヨーロッパから技術者を呼んでロングスプライスを行っています。

釜伏山や蔵王は、誰が行ったのでしょうか?

コメント

  1. もう自信無いです。。。涙
    小さい束?にばらけさせて、入れ込んでしまえば淡々と編むだけなんですが、その入れ込むところが???

    タイムプラスみたいにコマ送りで配信したら見る人いるかも。
    でも、職人のおじさんは恥ずかしがり屋が多い?ので手元狂っても困りますね。。。笑

    滑り方も作業手順も、動画はわかりやすくて良いですね。
    YouTuberさんありがとう!

    • 普段行っていないと、忘れてしまいますよね。
      いくつか動画を見ましたが、職人は手際が良すぎて、簡単にみえてしまいます(笑)
      スキーの上手い人の動画と同じですね。