やっと決まりました、アルペンスキー・ワールドカップ日程

スキー

2020年10月2日にオンラインで行われたFISのアルペン委員会で、今シーズンのアルペンスキー・ワールドカップの日程が正式に決定しました。

例年であれば、ヨーロッパで開幕を迎え、北米に会場を移した後に、再びヨーロッパに戻ってきすが、今シーズンは新型コロナウイルスの影響で北米シリーズがキャンセルされることが発表されていました。

Main updates from Online Alpine Committee はこちら

レース数

今シーズンは世界選手権が開催される年です。

ワールドカップは男子が39レース、女子が35レース予定されています。

レースの大半はアルプスで行われます。

  • 男子 18会場 39レース
  • 女子 18会場 35レース
  • 世界選手権

北米シリーズ

大陸間の移動制限、隔離期間などの問題がある可能性があり、早い段階からキャンセルされることが決まっていました。

代りのコースの選定、地元の受け入れ承認、そして委員会の最終承認が終わり発表となりました。

近年の北米シリーズは、ミカエラ・シフリンなどの北米出身の選手の活躍で盛り上がるのですが、残念です。

世界選手権

予定通り、イタリアのコルチナ・ダンペッツォ(Cortina d’Ampezzo)の名前がありました。

スキー場側が、新型コロナウイルスの影響を考慮し、主催者のFISに対し2022年に延期を申し入れていましたが、話し合いの結果、予定通り2021年に行うことに合意した、という経緯がありました。

最大斜度は65%の難コースで、熱戦が繰り広げられることとでしょう。

 

2021年アルペンスキー世界選手権が正式決定 Cortina d’Ampezzo はこちら

オリンピックの前哨戦

北京オリンピックが2022年に開かれます。

前年はオリンピック会場でワールドカップが行われるのが慣例で、どうなるかと思っていましたが、女子の2競技が行われることになりました。

男子の競技は行われないようですが、このことがオリンピックの結果にどのように影響するのでしょうか。

2021年2月27、28日 Yanqing(延慶)中国 女子ダウンヒル、スーパーG 

最後に

今シーズンは幸先よく、9月にヨーロッパでまとまった降雪がありました。

また、ラニーニャの影響で、世界的に雪が多いのではないかといわれています。

北米シリーズが無くなったことは残念ですが、移動距離が少なくなることで、選手の能力が発揮しやすい環境になると思います。

熱い戦いを期待です。

ブログランキングに参加しています。
アクセスしていただくと順位が上がり、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
facebookのフォローをお願いします。
スキー
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント