超簡単!3ステップ、コブ上達法

スキー

このタイトル、どう思われましたか。

ブログを書くより、タイトルを考える方が時間がかかりました(笑)

さて、タイトルにつられて訪問していただいた方に、とっておきのコブの練習方法をお伝えします。

たった3ステップで、どんなコブでも滑れるようになります。

また、既にコブを滑れる方でも、この練習を繰り返し行うことで、見違えるような進歩が感じられると思います。

ステップ1 横滑り

横滑りと聞くと、斜め前に滑り降りていくことを想像する人が多いと思います。

それも正解ですが、コブの練習として行ってほしい滑りは、フォールライン方向に進む横滑りです。

まずは、行ってみてください。

多くの人は斜め前に進んでいってしまうと思います。

それは、重心が前すぎるからです。

コブでその位置に乗っていると、コブの衝撃に耐えれずに飛ばされてしまいます。

こんなの簡単だよという方、滑り終わったら自分の通った後を見てください。

トップとテールが雪を押しのけた跡が、一直線ですか?

微妙に前後に動いていませんか?

その重心の不安定さが、コブでミスを犯す原因になります。

ステップ2 ピボットターン

フォールライン方向に横滑りで数メートル進んだら、そこでピボットターンを行って方向を変えてください。

左右への重心の移動は板の半分ぐらいに収めてください。

そして、またフォールライン方向に数メートル横滑り、ピボットターン、と繰り返してください。

滑り終わったら、シュプールを見てください。

板が通った跡が、左右の幅は、板1本半ぐらいに収まっていますか。

左右の幅が広がっている方がコブに入ると、ターンでコブからはみ出してしまいます。

ステップ3 吸収動作

急斜面で、板をフォールラインと垂直にして立ってください。

その位置で、体を縮め、お尻をビンディングに着けてください。

そして、少しだけお尻を上げてください。

その状態でエッジを緩め、滑り出し板がフォールラインを向くまで低い姿勢をキープしてください。

そして、伸びあがりながら逆向きに止まってください。

始めの低い姿勢が取れない方は、コブでの吸収がしづらいと思います。

そして、重要なことは、その低い姿勢でピボットターンができるポジションに乗っていることです。

完成

さあ、完成です。

実際にコブを滑ってみてください。

コブの出口でピボットターンを行い、コブの裏で横滑り、そしてまたピボットターン。

この動作で、どんな自然コブでも滑れると思います。

逆に言うと、コブが苦手な方は、この3ステップのどれかができていない可能性があります。

あと、検定のコブで苦労されている方は、この3ステップを完璧に行う練習をする方が、合格への近道かもしれませんよ。

コメント