脱力できるとスキーが上手くなる???

スキー

私が滑るときに気を付けていることのひとつに、脱力があります。

特にコブではリラックスを心がけ、可能な限り力を入れないようにしています。

なぜ脱力が必要か

脱力の反対、緊張した状態を想像してください。

カチカチに緊張すると、筋肉が固まり関節が固定されてしまいます。

仮に、その状態でコブに入ると、間違いなくコブにはじかれてコースアウトです。

一方、脱力ができていれば関節の可動域が広くなり、より大きなコブも吸収できるようになります。

もちろん整地を滑るうえでも脱力は重要です。

たとえば、小回りの山回りから切替の局面です。

多くの方はこの局面で緊張し足が伸びてしまい、山エッジが外れず、重心のフォールライン方向への移動が十分に行えない状態になっています。

結果として、谷回りが短くなり、山回りで板を大きく押し出して減速する必要がでてきます。

切替の部分で十分に脱力ができていれば、重心移動が行え、スムーズに谷回りが行えるようになります。

他のスポーツでの脱力

多くのスポーツで脱力は重要視されています。

野球のバッティング、ゴルフ、テニスなど、ボールを打つスポーツではバット、クラブ、ラケットはもの軽く握り、そして振っています。

力を入れる(強く握る)のは、ボールが当たる一瞬だけです。

短距離走でも脱力をするための工夫がフォームから分かります。

まず、拳ですが、指をまっすぐ伸ばしています。

これは、握る(グーにする)と上半身から体全体に緊張が発生するためです。

一瞬の緊張

スキーは、先ほどあげたボールを打つスポーツに似ている気がします。

ターンの中で一瞬だけ緊張し、そのほかの部分ではできる限り脱力して、板の動きを妨げないようにしています。

その一瞬とは谷回りから山回りに変わり、板が雪面から押し戻され始めた時です。

緊張するとことで板をたわまし、フォールライン方向への運動を横方向の運動に変えます。

この部分では筋力が必要です。

コブ、小回りより、速度の速い大回りの方が強い筋力が必要になります。

最後に

この脱力、コブで大きな力を発揮します。

コブで悩んでいる方、ぜひ力を抜く練習をしてみてください。

コブに恐怖心がある場合は、整地小回りで自信を付けた後に、コブに入ってみてください。

また、小回りを洗練させたい方にも脱力はおすすめです。

 

コブの滑り方のまとめ はこちら
小回りの滑り方のまとめ はこちら

ランキングに参加しています。
アクセスしていただくと、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
スキー
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました