スキー場「利用者数」が多い市町村 ベスト5

スキー場 国内

「スキー場の多い市町村 ベスト5」が好評だったので、調子に乗ってスキー場「利用者数」の市町村ランキングを作ってみました。

利用者数は、全ての自治体が発表しているわけではないので、推測するのは結構大変なんです。

では、頑張っていきましょう。

選考基準

各自治体が発表しているスキー場利用者数(入込客数)のデータを利用します。

北海道の自治体などは、利用者数を発表していないので、全観光客数などから推測しました。

2019/20シーズンは、まだ未発表の自治体があることと、記録的な小雪の影響で例年と大きく状況が変わっているので、2018/19シーズンのデータを利用しました。

1位 新潟県湯沢町

利用者数 :239万人
スキー場数:11か所

利用者数、スキー場数共に栄えある1位に輝いたのは湯沢町でした。

唯一200万人を超え、2位を大きく引き離しています。

単独のスキー場としては、日本一の集客力を誇る苗場スキー場を筆頭に、30万人以上の利用者があるスキー場が4か所もあります。

ちなみに、利用者数30万人のスキー場は日本で10数か所しかありません。

2位 長野県山ノ内町

利用者数 :145万人
スキー場数:5か所
注)志賀高原 18 SKI AREAは1か所と数えています。

スキーアリアとしては、日本最大の集客力を誇る志賀高原 18 SKI AREAに加え、志賀高原の山麓に位置する北志賀の4つのスキー場も集客力が高く、2位になりました。

町の全域にスキー場が広がる、スキー場と共に歩む町です。

3位 新潟県南魚沼市

利用者数 :124万人
スキー場数:10か所

湯沢町と同様に古くからのスキーのメッカで、利用者数も3位に入りました。

石打丸山がGALA湯沢と繋がっていたり、舞子と岩原は同じ山の南北に位置するので、どこからが南魚沼市のスキー場が、普通の人は分からないですよね。

とにかく、湯沢町を含めスキー場の密集している地域です。

4位 岐阜県郡上市

利用者数 :119万(2017/18シーズン)
スキー場数:10か所
注)2017/18に営業していた、しらおスキー場はデータから除いています。
  母袋温泉スキー場はスキー場の数に入っていますが、利用者数には含まれていません。

西日本では最大規模の利用者10万人以上のスキー場が5か所あります。

スキー場が高速道路から近く、密集していて、都市圏から近いところは湯沢町、南魚沼市と似ていますね。

5位 長野県白馬村

利用者数 :97万人
スキー場数:5か所

HAKUBA VALLEY には10か所のスキー場がありますが、その半分が白馬村にあります。

エイブル白馬五竜・Hakuba47と八方尾根が利用者数をけん引しています。

近年、八方尾根の利用者減少が顕著なのですが、なんとか打開してほしいところです。

最後に

やはり、越後湯沢近辺が強かったですね。

エリア全体であれば、ニセコがランクインするのですが、スキー場がニセコ町と倶知安町に分かれてしまい、ランクインを逃してしまいました。

これらの市町村に限らず、どこのスキー場も一昨年の利用者数を超えてほしいですね。

 

スキー場の多い市町村 ベスト5 はこちら

ブログランキングに参加しています。
アクセスしていただくと順位が上がり、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
facebookのフォローをお願いします。
スキー場 国内
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント

  1. 今季は海外のお客様を見込めないのでしょうか?
    ある意味、国内の需要に限った真の実力が出るシーズンなのかなぁ。

    感染症になんてかかってる暇はありません。
    しっかり予防してガッツリ遊びましょう!

    • 海外からの旅行客が来れない代わりに、日本人も海外に行けないので、プラスになるかマイナスになるか分かりませんね。
      レストランと宿の対策をしっかりとれば、ゲレンデで感染することはまずないと思います。
      しっかり、スノー産業に貢献しましょう(^^)