大回りのイメージが徐々に出来てきました(^^)

スキー

何を思ったか、昨シーズンから始めた大回りの練習。

コブ好きの私にとっては、ちんぷんかんぷん、まったく滑り方が分かりません。

得意ではないので、コブに逃避していて、練習をしなかったのが原因だと分かっているのですが、、、

練習を始めたきっかけ

これまでも、まったく大回りをしなかったわけではありません。

朝一のシマシマバーン、スクールのレッスン、ポールなどでは大回りの練習をしていましたが、いまいち継続性が無く、コブの練習に力を注いでいました。

しかし、昨シーズンは記録的な暖冬で、ゲレンデにコブがなかなかできません。

できても、土がでたりして、なかなかコブに入る気がしませんでした。

3月も半ばを過ぎるまで、10本もコブを滑らないという、私にとって歴史的なできごとでした。

コブに入らないので必然的に整地で滑ることになり、大回りを上手くなりたい、と思うようになりました。

そこで、意を決して今オフに矯正に取り組むことにしました。

左右への平行移動

目指す姿は、切替後に腰を左右に平行に移動することです。

たった、これだけのことなのですが、私には難しく、どうしても内腰が前に出てしまいます。

来る日も来る日も、この単純な動作の繰り返しです。

(すいません、うそです。そこまでストイックには行っていません。)

繰り返し行ったかいあって、今ではイメージがだいぶ出来上がってきました。

少なくとも、平行移動することに違和感はなくなりました。

内倒

平行移動のイメージができてくると、次に問題になってきたことが内倒です。

重心がターン内側に入るので、内足に体重が多く乗ってしまいます。

遠心力が働く状況であれば、問題ないのかもしれませんが、なにか違う気がします。

そんな中、youtubeで大きなヒントをいただきました。

今までは、足、膝、腰、上半身と順番に動かすイメージだったのですが、上半身を動かし始める前にターンが進んでしまいました。

その動画では、谷回りから手の補助動作を使いながらわき腹を横に折る(絞る)動作を行っていました。

これが、いい感じです。

下半身と上半身をほぼ同時に始動することで、スムーズにターンマックスに向けてて谷回りができる気がします。

最後に

まだ、オフトレの段階ですが、ずいぶんと大回りのイメージが変わってきたきた気がします。

オフトレで出来れば、雪上でできる、と信じてオフトレ・イメトレを続けたいと思います。

コメント

  1. 上手な方の大回りは美しいですよね。
    適度にコブで気分転換しながら頑張ってください。

    私は上手な方を見つけたら、ストーカーの様に滑って平行移動の時間とかタイミングを確認してます。バレない程度に。。。笑

    もちろん朝一シマシマはそんな事一切考えてません。快楽のまま落下するのみ!
    早く降らねぇかなぁ。涙

    • その通り、大回りは見ている方がいいですww
      早く、雪が降ってほしいですね。

  2. そうそう
    それ、その感じ
    外の壁をつくる角をふかくして
    おいて、なんとかのピークへもっていく(カーレーシングの角らしい)ということですかね?
    まあ、モロGSのすべりでしょうか?

    • 私もよく分かってないですよ。
      試行錯誤をしながら、頑張っています。
      GSの滑りは憧れますが、あんな高速はだせません。