スキー場の多い市町村 ベスト5

スキー場 国内

全国にはスキー場銀座と言われる(た)スキー場が密集している地域があります。

また、平成の大合併で自治体が統合され、ひとつひとつの市町村の面積が大きくなりました。

そのようなことを考えていて、ふと、多くのスキー場をかかえる市町村はどこだろうと思い、数えてみることにしました。

#初めの投稿に廃止されたスキー場が入っていたので、修正いたしました。

選考基準

カウントは、2020/21シーズンに営業を行う予定のスキー場としました。

すなわち、営業中止中、営業未定のスキー場は含んでいません。

また、志賀高原 18 SKI AREAは1つのスキー場としてカウントしました。

#18ヵ所としたら、それだけで1位確定です(笑)

地図を見ながらスキー場の数を数えたので、間違いがあればご指摘ください。

1位 新潟県湯沢町

11ヵ所

堂々の1位は川端康成の小説「雪国」でもお馴染みの越後湯沢です。

古くから温泉地として栄え、スキーブーム以前から多くのスキー場がありました。

湯沢町のすごいところは、他の市町村と合併してスキー場の数が増えたわけではないところです。

加えて、廃止されたスキー場は 8ヵ所、その他にも苗場のようにゲレンデを縮小したところもあります。

町中スキー場だらけです。(今もです。)

  • GALA湯沢スキー場
  • 湯沢高原スキー場
  • 一本杉スキー場
  • NASPAスキーガーデン
  • 神立スノーリゾート
  • 岩原スキー場
  • 湯沢パークスキー場
  • 湯沢中里スノーリゾート
  • 中里スノーウッドスキー場
  • かぐらスキー場
  • 苗場スキー場

廃止されたスキー場

  • 城平スキー場
  • 湯沢ファミリースキー場
  • 加山キャプテンコースト湯沢スキー場
  • ルーデンス湯沢スキー場
  • 土樽スキー場
  • 白板高原スキー場
  • 二居スキー場
  • 三国スキー場

2位 岐阜県郡上市

10ヵ所

郡上市は、2004年3月1日に旧郡上郡、全7町村が合併してできた市です。

市の中心を南北に東海北陸自動車道が走り、スキー場への交通の便も良く、中部以西で最も利用客が多いエリアです。

  • ウイングヒルズ白鳥リゾート
  • スノーウェーブパーク白鳥高原
  • ダイナランド
  • 高鷲スノーパーク
  • ひるがの高原スキー場
  • ホワイトピアたかす
  • 鷲ケ岳スキー場
  • 郡上ヴァカンス村スキー場
  • めいほうスキー場
  • 母袋温泉スキー場

2位 新潟県南魚沼市

10ヵ所

湯沢町のお隣、米どころ南魚沼市です。

2004年11月1日、六日町と大和町が合併し、その後2005年10月1日に塩沢町が編入したことにより、一気にスキー場の数が増えました。

新幹線の越後湯沢駅からも近い、南側に大きなスキー場が固まっています。

  • 八海山麓スキー場
  • 八海山スキー場
  • 舞子スノーリゾート
  • 五日町スキー場
  • ムイカスノーリゾート
  • シャトー塩沢スキー場
  • 上越国際スキー場
  • Mt.グランビュースキー場
  • 石打花岡スキー場
  • 石打丸山スキー場

4位 新潟県妙高市

8ヵ所

2005年4月1日に新井市が妙高高原町と妙高村を編入し妙高市へ改称しました。

日本有数の豪雪地帯、妙高山山麓などに多くのスキー場があります。

この他にも、斑尾高原スキー場の大部分は妙高市ですが、センターハウスが長野県側なので住所は長野県になっています。

  • ロッテアライリゾート
  • 休暇村妙高ルンルンスキー場
  • 妙高スキーパーク
  • 妙高高原関温泉スキー場
  • 赤倉観光リゾート
  • 赤倉温泉スキー場
  • 池の平温泉スキー場
  • 妙高杉ノ原スキー場

4位 群馬県みなかみ町

8ヵ所

同数4位は、2005年10月1日 に水上町、月夜野町、新治村が合併してできた、みなかみ町です。

1960年12月12日にオープンした「谷川岳天神平スキー場」は全国初の国有林を開発してできた国設スキー場です。

  • 水上高原スキーリゾート
  • 水上宝台樹スキー場
  • 水上高原・奥利根温泉 藤原スキー場
  • 奥利根スノーパーク
  • ホワイトバレースキー場
  • 谷川岳天神平スキー場
  • ノルン水上スキー場
  • 赤沢スキー場

最後に

都道府県別のスキー場の数は、新潟県より長野県と北海道の方が多いのですが、長野県は各自治体の面積が小さく、北海道は広すぎてスキー場が点在していて、ランクインする市町村はありませんでした。

これからも、スキー場のいろいろなデータをまとめていきたいと思います。

 

2019/2020シーズン 利用者の多いスキー場 ベスト10 はこちら

コメント