永遠の目標 ドルフィンターン

スキー

私のスキーの目標はいくつかあるのですが、その一つがドルフィンターンです。

コブを滑るうえで必須科目のドルフィンターン。

しかし、何(十)年も頑張っているのですが、一向にできるようになりません。

ドルフィンターン

みなさんご存じだと思いますが、念の為にご説明します。

と、いうか見てください。

かっこいいですよね。

簡単そうに飛び跳ねているようですが、私には全くできません。

憧れ

どのくらい前からうろ覚えですが、少なくともコブを爽快に滑れるようになりたいと思うようになってから、ずっとドルフィンターンに憧れています。

練習を繰り返し、少しづつ近づいてきているとは思うのです、まだまだ飛んで地面から離れることができません。

コツを掴めば出来るようになるのか、あるいは強靭な筋肉が必要なのか、模索している段階です。

成長の過程

始めに取り組んだのは整地で静止している状態から、ストックを支えにして連続してジャンプすることでした。

ジャンプは体力を使うので、そんなに多くの回数を練習することはできず、リフト運行開始前などに行っていました。

始めのうちは前に進んでしまい、数回しか行うことができませんでした。

しばらくして、斜面上側に向かって行えばよいことに気が付き、連続で行える回数を増やすことができるようになりました。

ただ、体力の問題があるので10回ぐらいが限界です。

#体力がありません(涙)

次に、ゲレンデで滑りながらの挑戦ですが、まったく飛び上がれる気配がありません。

ゲレンデの隅にある整地と荒地の境目の段差などを使えば、何とか飛び上がることができます。

しかし、まだまだ先は長いです。

出来るのが早いか、加齢で筋力が衰えてギブアップするのが早いか、微妙なお年頃になってきました(笑)

最後に

ドルフィンターンができるようになれば、もう一段階コブの滑りが進化すると思っています。

今シーズンも、くじけずに頑張っていこうと思います。

 

今までの気づきと、参考となる動画を集めています。

憧れのドルフィンターン はこちら

ブログランキングに参加しています。
応援をよろしくお願いします<m(__)m>
にほんブログ村 スキースノボーブログへ

facebookのフォローをお願いします。
スキー
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント

  1. はじめまして。
    記事のまとめ方が綺麗ですね。
    私もドルフィンターンに関連した記事を書いてますので、良ければ参考までにご覧下さい。http://gensanski.livedoor.blog/archives/7427272.html?ref=head_btn_prev&id=8142803

    苦手な方の多くは踵で蹴り出すちからが弱いです。ジャンプも踵で蹴るのですがスキーを前後に動かすのが大事で、踵を押し出し引き上げる動作を練習すると効果的です。
    自転車のペダルを逆に漕ぐ動きです。
    余計なアドバイス失礼しました。

    • げんさん、アドバイスいただき、ありがとうございます。
      踵で蹴りだす力が重要なのですね。
      骨折の影響で筋力が弱く、それも原因のひとつだと感じました。
      筋トレ頑張ります。