スキー 小回りは目の錯覚!?

スキー

みなさんの考える、かっこいい小回りはどんな滑り方ですか?

優雅に滑る、急斜面を安定して滑る、いろいろな小回りがあると思います。

全てが正解です。

正解のうちの一つ、私の考えるかっこいい小回りをご紹介しいます。

かっこいい小回り

インストラクターの言葉を借りれば、質の高い小回り。

下世話な表現だと、検定で点数がでる小回り。

小回りには状況に応じていろいろな種類があります。

正解、不正解はありませんが、かっこいい(見栄えのする)小回りはあります。

それは、左右への板の移動スピードが速い小回りです。

では、どうすればスピードが速くなるのでしょうか。

目の錯覚を利用

それは、目の錯覚を利用することです。

なんのこっちゃ、となりますよね。

それでは、どのように目の錯覚を利用しているか説明します。

カービング板になり、小回りの滑り方も変わってきました。

小回りと大回りで滑り方の違いが少なくなり、小回りの回転弧が大きくなってきています。

 

小回りと言っても、思っている以上に回転弧は大きいだよ

ぜんぜん、そうは見えないけど。

どうして、回転弧が大きく見えないか説明するね。

図1が良く言われる丸いターン弧を描く小回りの軌道を表したものです。

板のずれ幅が大きくとり、コントロールした滑りになっています。

しっかりと最後まで滑りコントロールしているので、1ターンの落差が少なくスピードはゆっくりめです。

すなわち、左右への移動速度はあまり早くありません。

図2は、かっこいい小回りです。

横幅は同じですが、1ターンでの縦(フォールライン)方向への移動距離が長くなっています。

イメージ的には、1.5倍から2倍の間でしょうか。

1ターンの落差が大きいので滑走スピードが上がり、左右への移動速度は速くなります。

図1と図2は左右への移動距離は同じですが、図2の方が左右への移動速度が速いので細かいターンをしているように見えます。

しかし、実際はターン数は図1に比べて少なくなっています。

そして、図中の赤い破線の円をみてください。

どうですか、図1にくらべて図2の円は大きくなっています。

すなわち、小回りと言っても回転半径は思っている以上に大きいのです。

最後に

ゲレンデの下にいて、上から滑ってくる人を見た場合、フォールライン方向への移動距離はよく分かりません。

この目の錯覚で、大きな回転弧であっても小回りに見えるのです。

小回りで苦戦している方は、ぜひ縦長に滑ってみてください。

滑りが変わるかもしれませんよ。

コメント