南半球初、地形で遊ぶスノーボードイベント Holy Bowly

スノーボード

今日、2020年9月9日(水)から15日(火)まで1週間、スノーボードイベント Holy Bowlyがオーストラリアで南半球で初めて開催されます。

このイベント、ゲレンデによくあるウェーブやジブと違い、自然の地形を模した様々な形のアイテム(造雪)を自由自在に飛び(滑り)回るものです。

始めてお聞きになられた方は、何のことかわからないと思いますので、まずは映像をご覧ください。

形にとらわれない自由な発想をもったスノーボードのイベントですね。

ライン、滑り方も独創的で見ていて楽しいです。

Holy Bowly

このイベント、日本発祥で、世界に羽ばたいていきました。

2012年の白馬八方尾根スキー場で行われた大会から、スノーボードメーカーのLib-Techがスポンサーになり、全米で注目を集めるようになりました。

過去からの映像がyoutubeでみることができますが、だんだんとユニークな地形が増えてきて、トリックも独創性が増してきているように思えます。

今回の大会は、Holy Bowly Down Under(南半球のHoly Bowly)と銘打って開催されます。

余談ですが、この大会の情報はネットにあまり出回っていないです。

もっと情報を発信すれば、もっと人気も高まると思うのですが、もったいない気がします。

あるいは、「考えるより感じろ」 というポリシーかもしれませんね。

スレドボ(Thredbo)オーストラリア

冬、夏合わせて、年間100万人が訪れる、一大観光地です。

HP facebook twitter 

ブログランキングに参加しています。
アクセスしていただくと順位が上がり、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
facebookのフォローをお願いします。
スノーボード
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント