スキー・スノーボードの上達に、オフトレをお勧めします

スキー

イメトレに続き、オフトレについて書いてみたいと思います。

私は、スキー・スノーボードを上達したいのであれば、夏はもちろん、冬でもオフトレをお勧めしたいです。

オフトレの種類

オフトレには大きく分けると二つの種類があります。

ひとつは、ランニングや筋トレなど、持久力や筋力をつけるためのもので、どのスポーツでもほぼ共通していることです。

こちらは多くの人が行っているので、みなさんよくご存じだと思います。

もうひとつは、スキー・スノーボードの動きを身につけるためのものです。

ゲレンデのスポーツは、重力で斜面を移動するという日常生活にない運動を行っており、これらの動きを自然にできる人はあまりいません。

なので、これらの動きを練習する必要があります。

オフトレのメリット

なんと言っても一番のメリットは地面が動かないことだと思います。

ゲレンデで滑りながら、出来ない動きを行うことは、大変難しいことです。

足元が動いて(滑って)いるのでバランスをつる必要があり、かつ今までできない動きを行うことは並大抵のことではありません。

まず、静止状態で、スキー・スノーボードに必要な動きを、スムーズに行えるまで練習します。

そうすることによって、雪上では滑りながらバランスをとることに注力することができます。

また、ある程度年齢を重ねると、捻り動作などそれまでの人生で行ってこなかった動きは、静止していても出来ないことがあります。

当然ですが、そのような動きを、いきなり雪上で出来るはずがありません。

また、ゲレンデ滑ることは体力を使い、リフトの営業時間もあるので、練習できる回数や時間が限られてしまいます。

一方、陸上では行いたい動きに集中でき、かつ滑ることに比べはるかに体の負担が少ないので、多くの回数、反復して練習することが可能です。

効果

私の場合、ゲレンデに行くのはオフトレの成果を確かめにいくと言っても過言ではありません。

シーズン中でも課題が見つかると、まずは屋内でその動きができるようにしっかりと練習します。

そうすると、あら不思議、雪上で滑ると既にその課題を克服しています。

特に、私のようなサンデースキーヤーにとっては、オフトレは効率的です。

平日に自宅でオフトレを行い、週末にその成果を試し、また課題を持ち帰るという繰り返しができます。

最後に

今までに、オフトレでいくつもの課題を克服してきました。

劇的に変化したものだけでも、ストックワーク、捻り(回旋)、コブの吸収(上下動)とあります。

#当社比なので、どのくらい滑れるかは突っ込まないようにお願いします(笑)

今オフは以前ブログで書いたように、歩き方の改善に取り組んでいます。

長年体にしみ込んだ動きを変えることは大変ですが、スキーのために頑張りたいと思います。

 

スキーの課題と鵞足炎(がそくえん)の関係 はこちら

(続)スキーの課題と鵞足炎(がそくえん)の関係 はこちら

ランキングに参加しています。
アクセスしていただくと、ブログを書く励みになります。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
スキースノーボード
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました