イメトレとオフトレでスキー、スノーボードを効率的に上達

スキー

スポーツで、イメトレ(イメージ・トレーニング)とオフトレ(陸上でのトレーニング)は重要と良く聞きますが、みなさんはしてますか?
横着者の私は、なかなか決まった時間に行うことができませんが、イメトレは通勤途中の電車の中や、布団の中で、オフトレはブログを書いていて一服したい時などに行っています。
たった、これだけのことでも、雪上での効果は絶大です。

スポンサーリンク

イメトレ

イメトレのメリット

イメトレのメリットは何と言っても場所と時間を選ばないことです。
加えて、スキーやスノーボードのように体力を使うスポーツでも、何度でも時間の許す限り繰り返し練習(イメージ)することができます。
また、スキー場のゲレンデの状態は一様ではなく、ゲレンデ毎に斜度は違い、日によって雪面状況が変化します。
しかしイメトレでは、自分の練習を行いたい(頭の中の)ゲレンデで練習を行うことができます。
練習をしたい運動についても、体のパーツに分けて、スローモーション、一旦停止など自由自在です。
自分の課題にフォーカスをして練習を行えます。

効果

以前、小回りの谷回りが上手くできなかったとき、イメトレで克服したことがあります。
始めのうちは、イメージでも、実際の滑りと同様に体が山側に残り切替が行えませんでした。
試行錯誤を繰り返しながら、何度も何度もイメトレを行っていると、何かの拍子で上手く滑れる(イメージできる)ようになりました。
そして、イメトレでだんだんと成功するターンが多くなってきました。
その後、実際にゲレンデに立った時、滑れるようになっていました。
不思議ですね。

スポンサーリンク

オフトレ

オフトレはイメトレに比べて場所と時間の制約がありますが、それでも雪上よりも圧倒的に長い時間練習を行うことができます。

オフトレの種類

オフトレには大きく分けると二つの種類があります。
ひとつは、ランニングや筋トレなど、持久力や筋力をつけるためのもので、どのスポーツでも共通して行うトレーニングです。
こちらは多くの人が行っているので、みなさんよくご存じだと思います。
もうひとつは、スキー・スノーボードの動きを身につけるためのものです。
ゲレンデのスポーツは、重力で斜面を移動するという日常生活にない運動を行っており、これらの動きを自然にできる人はあまりいません。
なので、これらの動きを意識して練習する必要があります。

オフトレのメリット

なんと言っても一番のメリットは地面が動かないことだと思います。
ゲレンデで滑りながら、出来ない動きを行うことは、大変難しいことです。
足元が動いて(滑って)いるのでバランスをとる必要があり、かつ今までできない動きを行うことは並大抵のことではありません。
まず、静止状態で、スキー・スノーボードに必要な動きを、スムーズにそして無意識で行えるまで練習します。
そうすることによって、雪上では滑りながらバランスをとることに注力することができます。
また、ある程度年齢を重ねると、捻り動作などそれまでの人生で行ってこなかった動きは、静止していても出来ないことがあります。
当然ですが、そのような動きを、いきなり雪上で出来るはずがありません。
また、ゲレンデ滑ることは体力を使い、リフトの営業時間もあるので、練習できる回数や時間が限られてしまいます。
一方、陸上では行いたい動きに集中でき、かつ滑ることに比べはるかに体の負担が少ないので、多くの回数、反復して練習することが可能です。

成果

私の場合、ゲレンデに行くのはイメトレ、オフトレの成果を確かめにいくと言っても過言ではありません。
シーズン中でも課題が見つかると、まずは屋内でその動きができるようにしっかりと練習行います。
イメトレも同時に行うと効果的に感じます。
そうすると、あら不思議、雪上で滑ると既にその課題を克服しています。
私のようなサンデースキーヤーにとっては、平日に自宅でイメトレ、オフトレを行い、週末にその成果を試し、また課題を持ち帰るという繰り返しができるようになり、雪上のみで練習を行うことと比べ、効率よく上達ができます。

最後に

今までに、オフトレでいくつもの課題を克服してきました。
劇的に変化したものだけでも、ストックワーク、捻り(回旋)、コブの吸収(上下動)とあります。

#当社比なので、どのくらい滑れるかは突っ込まないようにお願いします(笑)

現在の課題は、大回りの左ターン(右足外足)から右ターン(左足外足)への切替です。
切替後、左腰を前に出し、谷回りでの過度な外向傾を矯正したいです。
長年体にしみ込んだ動きを変えることは大変ですが、スキーのために頑張りたいと思います。

コメント