日本一早い(?)スキー検定1級 総合滑降攻略法

スキー

全日本スキー連盟からの正式発表はまだですが、確かな筋からの情報によると、来るシーズンから1級の検定種目が横滑りから総合滑降に代わるようです。

詳しくは、以前書いたブログをお読みください。

スキー 1級検定種目が変更!? はこちら

総合滑降

検定種目としての総合滑降は、テクニカル、クラウンで採用されており、なじみのある種目です。

しかし、1級の総合滑降になると、まだ指導員(検定員)に対する指導員研修会が行われておらず、また、過去の採点例がないので、現時点では予測でお話するしかありません。

(昔、1級の種目で総合滑降があったのですが、採点基準など覚えているはずもなく、、、)

参考となるデータとして、総合滑降の得点は大回りと関連が深いということをお話しします。

次にあげるデータは新潟県の3つの会場で行われた延べ181名の方のデータです。

大回り 小回り コブ
総合滑降との
平均得点差
0.56 点 0.66 点 0.91 点

総合滑降と各種目の差の絶対値の平均です。

簡単に言うと、数が小さいほど得点が近く、大きいほど得点に差があるということです。

値をみていただければ一目瞭然ですが、総合滑降は大回りと得点が近い、すなわち滑りが似ているということです。

総合滑降の得点をあげるには、大回りの練習が重要ということですね。

 

より、詳しいお話は記事のほうをご覧ください。

スキー バッチテスト1級 総合滑降の滑り方 はこちら

ブログランキングに参加しています。
応援をよろしくお願いします<m(__)m>
にほんブログ村 スキースノボーブログへ

facebookのフォローをお願いします。
スキー
スポンサーリンク
スキー凸凹研究所をフォローする
スキー凸凹研究所 ブログ

コメント